サイエンス株式会社
  • メンテナンス
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

浴槽保温装置 SHSシリーズ

一覧へ戻る 浴槽保温装置 バスキーパー SHSシリーズ 電気ヒーター式浴槽保温

浴槽の保温管理を自動で行う装置です。ポンプと電気ヒーターが、コンパクトにまとまっているので、場所をとらず、見た目にもシンプルです。また、屋外に簡単に取り付けられます。

特長

特長ラインナップシステムフローコスト比較

省スペースコンパクト設計 機能はオールインワン
ろ過装置は使えないが保温をしたいお客様の要望に応え、ろ過機能の無い浴槽を保温管理する装置が生まれました。温度管理は自動で行いますので、管理の軽減にもなります。
屋外設置可能で取付も簡単!
「設置スペースは小さく」というお客様の声に応え、必要な機能は備えながらコンパクトに仕上げました。浴室の近くに設置できるように設計してあります。
オリジナル活性石使用(モンゴル産)
温泉(単純泉)対応していますので、限られた源泉を効率的に利用できます。温泉掛け流しになりますので、成分も変わらず、加温のみの表示になります。成分によっては、ヒーターをチタン製でご用意できます(オプション)。
熱源器が選べます 電気ヒーター・熱交換器
エコキュート等給湯設備のみでも、既存の浴槽に簡単に取り付けできる後付けノズルもご用意しています(オプション:弊社オリジナル吸着ノズル)。今の浴槽をそのまま使用できるので、経済的です。

ラインナップ

特長ラインナップシステムフローコスト比較

SHSシリーズは、ろ過を使えない浴槽の保温装置です。施設の規模に合わせて、3タイプをご用意しております。

[ラインナップ]
機種(型式) 浴槽容量 熱源
SHS-H3-B 〜1000L 電気ヒーター 3kW
SHS-H6-B 〜2000L 電気ヒーター 6kW
SHS-H12-B 〜5000L 電気ヒーター 12kW

※オプションでヒーターチタン仕様もご用意できます。
※標準価格はお問い合わせ下さい

システムフロー

特長ラインナップシステムフローコスト比較

※オプション品はこちらをご覧ください

コスト比較

特長ラインナップシステムフローコスト比較

前提条件

  • 導入前
  • 使用時間中の保温を掛け流しとする。
  • 給湯温度は浴水プラス5℃と想定する。
  • 浴槽容量は2tとする。
  • 入浴稼働日数は毎日とする。
  • 一日の入浴時間は8時間とする。
  • SHS-H6を導入機器とする。
  • 浴槽温度設定は40℃とする。
  • 水道水の温度は15℃とする。
  • 上水道料金 460円/t
  • 電気料金 200V:15円/kW
  • 保温熱源は電気ヒーターとする。
  • 給湯熱源は都市ガスとする。
    発熱量は8,800kcal/m3(効率80%)
    ガス料金は150円/m3
  • 配管洗浄と水質検査は別途となります。

お客様の声